• clinic94

空気抜きをしなくてはいけないでしょうか? 

サクセンダやビクトーザは、本当に高価な商品なので、時々、「空気抜きをしなくてはいけないでしょうか? 先生」「空うちをしなくてはいけないでしょうか?」

という質問を受けることがあります。


空気抜きをして上を向いておして、ピューと液がでていくと、「ちょっと、もったいない」という感じがするのは、誰もが同じではないでしょうか?


通常、空気が少し入っている場合にはプランジをおした時の感覚でわかります。ビクトーザでは、プランジの、ゴリゴリゴリという音がしないですーー、と体内に注入されてしまった時、「あれ?」と思うからです。


0.9mg以上、注入している方であれば、そういう時だけ、確認のために、ペンを逆さにして、「0.3mg」にセットして、その上で、空気抜きをして、もったいないけど、0.3mgで、一度、空気抜きをしてみて、その時に、液体がでてくれば、それで、次の空気抜きは不要かもしれません。


注射後、15分から30分後に、食欲が低下してくる自分を自覚するかどうか、の確認作業をするだけでよいでしょう。


毎回、毎回、0.3mgを空気抜きのために、上をむけて、注入液をとばしているのは、確かに、もったいない、という気がしますので、こういう確認作業を時々、行っていれば、できるだけ無駄がなく、注射液を利用できることだろう、と考えます。


それに対して、サクセンダは、一気に液がはいるとので、大事に使用していれば、比較的、空気ははいりにくいようです。なので、目でみて空気が残っていなければ、あえて空気抜きは必要ではないだろうと、指導させていただいています。

132回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食