• clinic94

少量飲酒タイプなら肥満になりにくい?

私は、ALDH2とか、ADH2という遺伝子多型を研究する仕事をしていて、アルコールによる遺伝体質の論文をかいたことがあります。なぜ少量のお酒を飲める人のほうが健康的なのかを、遺伝子レベルで証明したアルコール業界ではかなり高い評価をいただいている論文です。


結論は、ADH2という、アルコール脱水素酵素の酵素活性が遺伝子の型できまるので、それを利用したものです。もともと、ADH2はアルコールに酔いやすいか、どうかを決める遺伝子です。その結果、約1000人の健常男性、女性において、


ADH2:2/2 HbA1cが高い。  AHD2:1/2 HbA1cが低い。  ADH2:1/1 HbA1cが高い。


これと並行して、

ADH2:2/2    インスリンが高い。  ADH2:1/2 インスリンが低い。  ADH2:1/1 インスリン高い。


血液中のインスリン濃度が高いほど、インスリン抵抗性あるいはインスリンの過剰分泌があるので脂肪の分解をとめます。よって脂肪が分解しにくいのですから、理論的には、この遺伝子多型をもっている人は「やせにくい」という理論になります。


昔から、「少量のお酒を飲む人のほうが健康」と言われてきました。アルコールの「Jカーブ学説」と呼ばれる現象です。私の論文は、それを世界で最初に遺伝子で証明した論文ということになりました。


掲載論文は、 以下のとおり。


J Hum Genet. 2006;51(1):31-7. Epub 2005 Nov 24. Association of alcohol dehydrogenase 2*1 allele with liver damage and insulin concentration in the Japanes。


今は、この検査は、わずか5000円程度で口腔粘膜からサンプルをとるだけで調べることができます。写真は、アマゾンショップからとってきたものです。

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食