• clinic94

ビクトーザとサクセンダとの差

同じリラグルチドでも、ビクトーザ1.8mgを注射した時と、サクセンダ3.0mgを注射した時の差を比較した論文があります。


Effects of the once-daily GLP-1 analog liraglutide on gastric emptying, glycemic parameters, appetite and energy metabolism in obese, non-diabetic ... - PubMed - NCBI

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23999198


結論から解説すると、以下のようになり、サクセンダ3.0mgのほうが、胃排出速度を低下させる確率が23%。 それに対して、ビクトーザ1.8mgでは、13%。つまり、サクセンダ3.0mgのほうが、はるかに、胃排出速度を抑え、食後高血糖も抑える薬剤であることが示されています。ただ、少し興味深いのは、最後に示された図で、サクセンダ3.0mgのほうが、多少、グルカゴン分泌が増えているような傾向があるようです。ただし、ここに統計的有意差は存在していません。


CONCLUSION: Gastric emptying AUC(0-300 min) was equivalent for liraglutide 1.8 and 3.0 mg, and for liraglutide versus placebo, whereas reductions in 1-h gastric emptying of 23% with liraglutide 3.0 mg and 13% with 1.8 mg versus placebo were observed. Liraglutide 3.0 mg improved postprandial glycemia to a greater extent than liraglutide 1.8 mg. Liraglutide-induced weight loss appears to be mediated by reduced appetite and energy intake rather than increased EE.



10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食