• clinic94

花粉症の時期に、横ばい、で逃げ切れるのか。

もともと重度の花粉症があって、20歳代の頃から、いい薬がない時には、喀血をしていたくらいに、ひどい花粉症をもってました。


最も大変なのは、私の診察室に1日60人から80人の患者さんが、花粉症をつけた洋服で、入ってくることでした。それは、4年前から、コートを脱いでもらったり、空気清浄機を3台、おく事で回避してました。


それでも、3月の第3週目になると、いわゆる「ブースター効果」が、現れ、イライラ、メソメソし、もう「頭の思考が停止してました。」


そうした時、どうしても、、仕事上、必要だから、といって、手をだしていたのが、ステロイドです。商品名は、「セレスタミン」。

この薬を飲むと、「必ず太ります。」


たまたま、私の手元には、大量の、GLP1製剤があり、これまで何度も自分で注射して、試していましたが、いつも、サンプル製品を使い切る程度で、長期に使うことはしませんでした。最初に利用したのは、ビデュリオンです。やせはしましたが、さすがに、あの針の太さや、しこりには辟易して途中で挫折。


リキスミア(1日1回製剤)は、胃への影響が強すぎるので、逆流性食道炎になるのが嫌だったので、最初から、1,2週間、注射して効果を確認しただけで、終わりました。


トルリシティ(GLP1の1週間製剤)は痩せません。注射して、1日目から4日目までは食欲が低下するのですが、薬がきれる5日目、6日目には、猛烈におなかがすいて、結局、体重的には、もとにもどり、毎週毎週、その繰り返しなので途中放棄しました。


バイエッタ(1日2回製剤)は、気分にむらがあるし、効くときは、効きすぎるので、体重よりも、いつも胃の調子を気にしてました。


リラグルチド(サクセンダやビクトーザ)は、私の場合には、100%、便秘になるので、すぐ、2週間程度で、やめた記憶があります。なので、リラグルチドで、ダイエットをするには、最初は、すごく抵抗があったのです。


その時、助っ人になってくれたのが、「ゼニカル」(オルリスタット)でした。なぜか、ビクトーザとオルリスタットを併用すると、私の場合は、「普通便」になります。便秘は解消されるのです。


そこで、一念発起して、サクセンダ+オルリスタット、を開始しました。オルリスタットも、長期間、服用していると、最初の頃の、とんでもない「脂肪便」は、しだいに消えていきます。ただし、油をたべた時しか、服用はしませんでしたが。。


おかげで、昨年は、−16kgまでの減量に成功しました。

さて、今年も、昨年と同じようにいくのか、どうか、これからが正念場になりそうです。

最新記事

すべて表示

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|

NASHとは

NASHとは、、これを知らないと抗肥満治療が語れないかもしれません。 以下のサイトから引用しますが、ポイントは2点です。 1.予後は良好である事が多いので、たいした問題とは考えられていない。 2.治療法はない。特に、グルカゴンなどの効果も証明されていない。 従って、予後が悪いとされる「原因」さへ見つかれば、GLP1を使って押さえ込まなくても、心配ない病態です。サクセンダで十分だと思いま