• clinic94

売上から安全性を考える !

世界で、糖尿病治療薬としての、GLP-1受容体作動薬としては、47%が、ビクトーザで、年間3900億円ほどのようです。(あるメディアによると。。)


世界で金額が異なるので、何本かは、一概にはいえないにしても、仮に1本3万円だとして(アメリカでは、1本10万円)、13.000.000本、つまり、1千300万本が発売されているという計算になります。


1千3000万本というわけではないですが、仮に、12か月使っていると仮定すると、 0.9mgで計算すると、1ヶ月2本になるので、1人で、24本、使っていることになります。すると、54万人が使用していることになります。


海外では、0.9mg以上を利用している可能性もあるのですが、少なく見積もっても、40万人以上は使用しているだろうと、推測されます。

ビクトーザの発売は、2010年の6月。10年になります。

ですから、この40万人規模の糖尿病の患者さんたちが、10年も使用していて、発売中止になるような重篤な副作用報告はないようです。海外は、もう少し早めに発売しているので、10年選手もいるとのことです。


科学的論文(エビデンス)も、GLP-1受容体作動薬の中では、最も多いので、それについても、安全性が高い薬剤です。ともかく、科学的に、重篤な副作用が、すごく少ない薬剤であると言えます。


これは、すなわち、「きわめて、安全性が高い薬剤である」ということと同義になります。

サクセンダを、長く注射していて大丈夫なのでしょうか?

こういう質問を、しばしば、お受けすることが多いのですが、現時点では、長期的にも、きわめて安全性が高い薬剤です、とお答えしている理由には、こういう背景を、しっかりと、把握しているからなのです。

最新記事

すべて表示

Mixi に正式に参画、計画中

https://mixi.jp/home.pl 動画コンテンツや、日記などのブログcontentsは、あの懐かしいMIXIにまで、波及させていこうかな、と思っております。そのうちに、「コミュニティ」を作る予定です。 ぜひ、それができたら、ご案内いたします。 年内には、完成させる予定ですので、ご期待ください。 Mixiなんて、誰も使ってないんじゃないの? と、思われるかもしれませんが、ダイエットは基

インスタで、GLP1ダイエットを学習

インスタで、学習できるようにと、新たに、インスタ画面を作成しました。 主たる制作者は、当院の、GLP1担当ナースたちが作成していきます。 これまで、なかなか、インスタで系統的な学習をするというツールがなかったので、あえて、作成してみました。当院のナースが主体なので、応援のほど、よろしくお願いいたします。

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|