• clinic94

サクセンダ3.0mgから見える景色 (6)

● 食べたい、食べたい、と思う自分が消えてしまう。

食べたいと思わない。食欲が自然とわいてこないし、意図的に、食欲をだそうとも思わない。食べる量も、総エネルギー量も、以前の、7,8割の量になるため、痩せるのは当然といえば、当然になる。(アプリで細かい計算をしなくても、よくなるかも、というのは、そういう理由なのです。)


● ストレスがへるし、、やけっぱちにもならない。バカ食いがなくなる。

ストレスがたまった時でも、やけっぱちで、食べたいと思うことはなくなる。 人にやさしくなれる。イライラしていた時間が、自然にへっている。 管理職なら、以前はお腹がすくと、部下にあたりちらしていたのに、それがなくなり、職場環境も改善した。

だれかに、食事をだされると、これぞとばかりに、バカ食いしていた自分が、昔はいたが、GLP1ダイエットを始めたら、そういう自分が、いなくなった。 以前は、気が済むまで食べることがあったが、「気が済むまで食べる」ということに、なんら「満足感の価値をみいだせないようになった。」


● 食べ放題のお店にいっても。足が遠のく。

食べ放題、に、いっても、最後まで、欲張らなくなったし、いじきたなく、最後の最後まで、食べてやろうという行為はしなくなった。いくら、食べ放題といわれても、途中で、もういいかな、という気持ちになるので、しだいに、「食べ放題」という看板があるお店には、いかなくなる。


● こってりラーメンが好きでなくなる。

以前は、こってりした油が浮いているようなラーメンが好きだったのが、そういうラーメンにはいかなくなった。大、中、小というボタンがあると、必ず、小、を選ぶようになる。つまり、原則、すべての外食において、大盛は食べなくなった。 逆に、カップラーメンで、お腹がいっぱいになるので、おいしい、おいしくないは、別にして、ラーメンを食べるということだけに限定すれば、非常に、コスパがよくなった。


● 間食をしている自分がイメージできない。

間食も、食べない。興味がなくはないが、食べたいという気持ちがわいてこないので、周囲で、誰かが、お菓子をたべていても、それを欲しいからもらうということがなくなった。つまり、間食は一切、食べないし、食べている自分がイメージができないようになる。


このような気分になれば、サクセンダ3.0mgが、とても有効に効いている、といえると思います。こうなると、痩せないわけがない、という気分になり、太るはずがなに、という気分になってきます。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食