• clinic94

肥満の国別比較

肥満の頻度は カタール、クエート、が1位、2位、 次が、アメリカ、 4位がサウジアラビアと続きます。 バーレン5位、ヨルダン6位、です。 戦争をしていたはずのイラクが、9位。

アメリカから、制裁措置をうけていて、貧しい生活をおくっているものだとばかり思っていたイランが、10位です。

日本は、はるか下のほうです。 韓国は日本より肥満が少ないのに、サクセンダが承認されています。


中国、シンガポールよりも、日本は肥満が少ないし、驚いたことに、タイよりも、肥満の頻度は少ないようです。


インドは、平均すると、やせているみたいです。肥満は少ないです。

ということで、この肥満の肥満の「比率(%)」から、考えて、日本において、「肥満薬が保険承認薬となる確率は低い」ということになります。ダイエット希望人口が少ないから、「日本は、製薬メーカーにとっては、魅力がない国」であるわけなのです。


「未承認薬剤」というと、悪いイメージがあります。しかし、そもそも、サクセンダは、製薬メーカーが、市場が小さい日本国に、承認申請を、ださなかった薬であるようです。そのために、未承認のままである事の背景理由が、このデータで、ご理解いただけるかと考えます。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重