• clinic94

中枢性薬剤は日本では承認されにくい

新型肺炎の影響で、外出ができないので、SNSの投稿が減っているようです。ですから、インスタ向けの「短い文章」を集めてみました。当院のスタッフ達にも、インスタでアップできるスタッフを、複数人に、増やしていくのが必要かもしれません。


1.

かつては、中枢性に作用する薬剤が治験されてました。今では、日本では承認されにくいのが現状です。

2.

中枢系「抗肥満薬剤」は、うつ、寂しさ、自殺に繋がる危険があるからです。

3.

肥満大国、アメリカでは、種々の中枢性「抗肥満薬」が認可されています。

4.

いずれも日本に上陸して、使用されてはいません。

5.

唯一、中枢性作用をもつ「抗肥満薬」として、認可されたのは、「サクセンダ」のみでしょう。

6.

「サクセンダ」は世界39ヵ国で承認され、アメリカのみで使用されている薬剤ではありません。

7.

日本では、製薬メーカーの判断で、承認申請をしておらないようです。

8.

理由は、日本には肥満が少なく、市場規模が小さいからです。

9.

アメリカ人に、適した投与量が日本人でも、適しているかは不明です。個人差も考慮しなくてはいけません。


最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食