• clinic94

サクセンダ3.0mgから見える景色 (7)

サクセンダ3.0mgを注射し、十分に、GLP1の効果が作用していると、 以下のような気分になり、「行動変容」がおこってきます。


◎ 空腹感に襲われるということが、もはやない。

極端に、空腹感に襲われる機会が、もはや、なくなります。食べなくなっても、よくなって、それが普通の生活になじんできます。食べても食べてもお腹がすくなどと感じていた時代は、はるか昔のできごとのような感じになります。

夜食や、寝る前の食事はたべなくても、よくなります。それが普通になってきます。外食しても、帰宅の途中で、最後に「ラーメンで絞め」なんてことは、自分の話ではなくなり、他人事の話のように、思えてきます。かえって、寝る前に食事を食べると、逆流性食道炎になるのではないか、という心配のほうが増えてくることもあります。


◎ 我慢できる自分が普通になってきます。

お腹がすくが、その、すき方が、以前と比べると、きわめて、マイルドになります。我慢できる程度になってきます。だから、ドカ食いはしなくなります。

(注:時々、まだ、食欲はあります!と、言われる方もおりますが、完全に食欲がゼロになるわけではないので、その点は誤解のないように、お願いします。)


◎ エネルギー不足が心配だから、その分だけでは補充するという意識

むかつきはないし、小食になるので、ともかく食事の量が減ります。ですが、食べないと、なにか、その分だけ、エネルギー不足になっているのではないか、と、心配がでてくることもあります。1日1200キロカロリーですら、食べていないのではと不安になることもあります。食べてないから、それは当然の感情です。ですから、その分だけは、「補充して食べておこう」という気持ちに、スイッチしていきます。


◎ 食べない分だけ、便秘になるきがする程度の、便秘傾向

それまでは、食べた分は便にでるのが当然だったのに、それが、食べる量がへったので、やや当然でなくなった感じがわかるようになってきます。食べてないから便秘ぎみかもしれないけど、食べても、やや便秘ぎみになりそうな気がしてきます。

(注:おそらく、それは、食べたものが、胃から十二指腸に移動する速度が低下するため、自分としては、多く食べた翌日くらいは、便が多量にでるはずと予測していたのが、予測が裏切られる感じを、表現しているのかもしれません。)

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食