• clinic94

サクセンダ3.0mgから見える景色(10)

● 食べ物の嗜好が変わる。

胃酸過多になりやすい、こってりした油系の食材は、できるだけ、さけるようになります。そして、以前は、ご飯すき、炭水化物が好きだったが、今も好きだが、少量で満足感があるので、食べるは食べるが、味わって食べるようになることでしょう。かつてのように、量で満足することがなくなります。以前は、「量」を食べて満足していたのが、「質」で満足するように、変貌していくはずです。


● ラーメンを食べたら、ライスはつけなくなります。

ラーメン食べたら、かならず、大盛で、ライス追加をしていた人が、サクセンダ3.0mgを注射していたら、ライス追加はしなくなります。ランチで、「お得」とか書いてあるチラシには、興味がなくなります。蕎麦とごはんの組み合わせランチは、めったに食べるきがしないし、即、栄養バランスが悪いし食べすぎるとわかります。それなら、どちらか、おいしい1品を食べたほうがよいと思うようになっってくるはずです。


● お寿司屋さんにいって、ちらし寿司を頼む時

寿司職人から、「ご飯は、大盛り、中盛り、子盛り、がありますが、どれにしますか?」ときかれるような時には、反射的に、「小盛りでお願いします」という回答ができるようになります。


● 目標体重にまできたら、あとは、気にならない

体重が減るとわかっているから、それなりに、食べてしまうが、ある程度、お腹がいっぱいになるまで食べても、体重の増減がきにしなくなります。サクセンダ3.0mgで、体重が増えていくわけがない、、そのくらい、体重が増えないことに自信がついてきます。


● ドカ食いをすると、「後悔する」ようになります。

1時、我慢しても、どこかで、ドカ食いしてしまうのですが、すぐに「後悔をする」ようになります。そして、それなら、普段の食事から、規則正しく、日々の食事を減らそうと思う意識がでてきます。以前は、ドカ食いをしても、周囲の誰も注意をしてくれない状況にあると、ついつい、ドカ食いはしてしまいやすいわけです。とかく、ストレスがたまった場合は、そうです。ですが、サクセンダ3.0mgを注射していると、ドカ食いをした時に、自分で自分を叱ってくれるのは、自分になります。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食