• clinic94

10万人を診察したGLP1専門医はありえません。

Googleで「GLP1 名医」で検索したら、なんと、3月4日に、すぐさま、●●学医学部卒の●●先生が、サイトを更新して、その医師が、私より検索上位になってました。なんだか、こんなにすぐ反応されると、このブログが皆に注目されているのか、と怖ろしくなります。


GLP1ダイエットを10万人以上におこなってきた医師とありますが、これは、あり得ない数字です。サイトには第一人者とありましたが、これは自称でしょう。SEO対策を依頼されたライターの書き間違えか、それこそ、fake news。この先生、テレビの出演が多いようですが、そもそもテレビでみた人がみなダイエットをやったとしても、10万という数字は、誇張もいいとこです。私の外来でさへ予約がいっぱいであっても、まだ1年で1000人にも到達していないわけです。ひとりの医師が診れるのは、その程度です。サクセンダが解禁になってから3年程度で、10万人もの患者を診察した、という事自体、真実でありえるはずがありません。世界中でそんな医師はいないはず。


そもそも「GLP1ダイエット専門医」と自称されていますが、そんな「専門医」はいません。存在しません。本来、GLP1は糖尿病治療薬であり、その延長線上に、ダイエットがあります。もともと、糖尿病治療の中にはダイエット(食事療法と運動療法)があったのですから、糖尿病専門医が、GLP1の専門医であるのは当然といえば当然。


「GLP1ダイエット専門医」と自称する事自体が、多くの糖尿病専門医は、恥ずかしいと思うはずなのです。


糖尿病専門医ならもっともっと、血糖コントロールのみならず、体重の増減の指導については、臨床的な技や手技は、心得ているし、インクレチン治療、GLP1製剤のすべての種類、SGLT2阻害剤、DPP4阻害剤、合剤、SU、メトフォルミン、アクトス、インスリンなどなど、幅広く引き出しがあるのが正真正銘の「糖尿病専門医」です。


私自身は、「GLP1ダイエット専門医」なんて、自称であっても、けっしてつけたい自己紹介ではありません。あくまで、「糖尿病の臨床においての名医」であり続けたいです。

鈴木吉彦 医学博士 2020年3月7日記載


やっぱり、掲載されたいのは、本当の「名医ランキング」のほうです。GLP1は、あくまで「糖尿病治療の延長線上での治療」、特に、「肥満治療の一環」にすぎません。もうすぐ、このシリーズの、2020年度版が出版されるはずなので、そこで、比較されてみてください。


最新記事

すべて表示

スライディングボードエクササイズ

180cm 230cm 2サイズがあります。 通常は、180cmで、十分だと思います。 230cmができる人が身長が高い人、体格が大きい人、アスリートを目ざす人だけのようです。 シューズカバーが、ありますが、あえて、靴をはかないで、素足でも、できます。 持ち運びやすい 場所をとる時だけとるけど、しまいやすい、です。 外来の患者さんたちに、コロナ禍で、御薦めできるツールのひとつです。

GLP1効果が継続している時の、秋の心境とは

食べる気がしない。 食べなくてはいけない、というきにはならない。 でも、食べ始めると食べてしまう。 結構、入る。食べちゃう。 以前と同じ量は食べられてしまう。 お腹いっぱいには、なったという感じには、ならないが、満足感はある。 ちょっとだけ食べてもいいかな、という感じ。 でも、これだと食べてしまう。 ここで、食事の回数を減らそうと思った人はやせることができる。 回数を減らさなければ、痩せない。 G

インナーマッスルは、ダイエット向きではない!

肩や腰がいたくて、インナーマッスル治療をうける方たちがいます。 電気で、筋肉を強制的に振動させるのですから、その筋肉周囲の血流はよくなり、気持ちがよくなることもあるかもしれません。 確かに、インナーマッスルの治療をうけた後、 インナーマッスルの器具を購入し、自宅で治療をした後、 腰痛が軽くなった、などという患者さんは存在します。 ですが、「筋肉が振動しただけ」では、ダイエット効果になるはずがありま