• clinic94

10万人を診察したGLP1専門医はありえません。

Googleで「GLP1 名医」で検索したら、なんと、3月4日に、すぐさま、●●学医学部卒の●●先生が、サイトを更新して、その医師が、私より検索上位になってました。なんだか、こんなにすぐ反応されると、このブログが皆に注目されているのか、と怖ろしくなります。


GLP1ダイエットを10万人以上におこなってきた医師とありますが、これは、あり得ない数字です。サイトには第一人者とありましたが、これは自称でしょう。SEO対策を依頼されたライターの書き間違えか、それこそ、fake news。この先生、テレビの出演が多いようですが、そもそもテレビでみた人がみなダイエットをやったとしても、10万という数字は、誇張もいいとこです。私の外来でさへ予約がいっぱいであっても、まだ1年で1000人にも到達していないわけです。ひとりの医師が診れるのは、その程度です。サクセンダが解禁になってから3年程度で、10万人もの患者を診察した、という事自体、真実でありえるはずがありません。世界中でそんな医師はいないはず。


そもそも「GLP1ダイエット専門医」と自称されていますが、そんな「専門医」はいません。存在しません。本来、GLP1は糖尿病治療薬であり、その延長線上に、ダイエットがあります。もともと、糖尿病治療の中にはダイエット(食事療法と運動療法)があったのですから、糖尿病専門医が、GLP1の専門医であるのは当然といえば当然。


「GLP1ダイエット専門医」と自称する事自体が、多くの糖尿病専門医は、恥ずかしいと思うはずなのです。


糖尿病専門医ならもっともっと、血糖コントロールのみならず、体重の増減の指導については、臨床的な技や手技は、心得ているし、インクレチン治療、GLP1製剤のすべての種類、SGLT2阻害剤、DPP4阻害剤、合剤、SU、メトフォルミン、アクトス、インスリンなどなど、幅広く引き出しがあるのが正真正銘の「糖尿病専門医」です。


私自身は、「GLP1ダイエット専門医」なんて、自称であっても、けっしてつけたい自己紹介ではありません。あくまで、「糖尿病の臨床においての名医」であり続けたいです。

鈴木吉彦 医学博士 2020年3月7日記載


やっぱり、掲載されたいのは、本当の「名医ランキング」のほうです。GLP1は、あくまで「糖尿病治療の延長線上での治療」、特に、「肥満治療の一環」にすぎません。もうすぐ、このシリーズの、2020年度版が出版されるはずなので、そこで、比較されてみてください。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食