• clinic94

持続的にポンプでGLP1を体内にいれたら?

2型糖尿病において、まだ1週間製剤とか、1日製剤などの薬剤がなかった時代に、GLP-1を、持続的に、ポンプで体内にいれつづけたら、どうなるかという実験をした論文がありました。将来的には、GLP-1ポンプ療法の参考になるものかと興味津々でみてみると、体重減少幅は、投与4週間で1.5%と、やや期待はずれの数値でした。


これで、何が解るというものでもないですが、今は、サクセンダは、1日1回、投与になっていますが、これは血中濃度曲線でいうと、持続投与とは異なり、1日1日の中で、アクセントを持たせるような投与法になっています。


GLP1濃度が高値のまま、一定で持続的に高い状態と、1日ごとに、UpDownがある高低差がある投与法では、どうやら後者のほうが、体重の減少は強いような印象をうけます。


食事を食べたくなった、その前に、GLP1を注射するのが、最も効果的である、ということは、言うまでもないことですが、それを客観的に証明するのは、とても難しいです。なぜなら、食事を食べたくなったという生体内のサインを証拠として、残しておくことが難しいからです。


となると、こういう過去の臨床データから類推していくしかありません。


ただし、このデータの、糖尿病患者の数は、たったの20名です。個人差を議論できるような人数ではない点には注意が必要です。



最新記事

すべて表示

Mixi に正式に参画、計画中

https://mixi.jp/home.pl 動画コンテンツや、日記などのブログcontentsは、あの懐かしいMIXIにまで、波及させていこうかな、と思っております。そのうちに、「コミュニティ」を作る予定です。 ぜひ、それができたら、ご案内いたします。 年内には、完成させる予定ですので、ご期待ください。 Mixiなんて、誰も使ってないんじゃないの? と、思われるかもしれませんが、ダイエットは基

インスタで、GLP1ダイエットを学習

インスタで、学習できるようにと、新たに、インスタ画面を作成しました。 主たる制作者は、当院の、GLP1担当ナースたちが作成していきます。 これまで、なかなか、インスタで系統的な学習をするというツールがなかったので、あえて、作成してみました。当院のナースが主体なので、応援のほど、よろしくお願いいたします。

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|