• clinic94

持続的にポンプでGLP1を体内にいれたら?

2型糖尿病において、まだ1週間製剤とか、1日製剤などの薬剤がなかった時代に、GLP-1を、持続的に、ポンプで体内にいれつづけたら、どうなるかという実験をした論文がありました。将来的には、GLP-1ポンプ療法の参考になるものかと興味津々でみてみると、体重減少幅は、投与4週間で1.5%と、やや期待はずれの数値でした。


これで、何が解るというものでもないですが、今は、サクセンダは、1日1回、投与になっていますが、これは血中濃度曲線でいうと、持続投与とは異なり、1日1日の中で、アクセントを持たせるような投与法になっています。


GLP1濃度が高値のまま、一定で持続的に高い状態と、1日ごとに、UpDownがある高低差がある投与法では、どうやら後者のほうが、体重の減少は強いような印象をうけます。


食事を食べたくなった、その前に、GLP1を注射するのが、最も効果的である、ということは、言うまでもないことですが、それを客観的に証明するのは、とても難しいです。なぜなら、食事を食べたくなったという生体内のサインを証拠として、残しておくことが難しいからです。


となると、こういう過去の臨床データから類推していくしかありません。


ただし、このデータの、糖尿病患者の数は、たったの20名です。個人差を議論できるような人数ではない点には注意が必要です。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食