• clinic94

HbA1c6.0%ならラッキーなのかも?

私の外来での、血糖コントロールの平均レベルは、とても良好です。 インスリン注射をしていない患者さんであれば、中央値で、HbA1cは、6.3%くらい。そうなると、HbA1cが6%とか、5%台の糖尿病患者さんたちが、すごい多いわけです。


そういう患者さんたちの関心事は、もはや血糖コントロールではありません。 話題の「関心事」は、体重、減量、ダイエット、に、変わるわけなのです。


もちろん、HbA1cは、6%前後ですから、完全な健常人よりは高めですが、糖尿病としては、とても優秀な患者さんばかり。


そういう中年女性に、あえてビクトーザを処方すると、やはり1ヶ月で、ー2kg、は、痩せます。ただし、そうした場合のほとんどはプラセボ効果に近いものです。


どうしても、サクセンダ、という場合には、自由診療時間帯に、来院していただいています。減量の、本物の効果が目にみえて、解るのは、サクセンダ1.8mgから2.4mgの間です。最近では、「サクセンダ3.0mgの仲間」というグループも増えてきました。


話は戻りますが、

本当に、糖尿病があるから、ラッキー、安い値段でダイエットができる、 そう思っている女性の外来患者さんが、最近、増えてきました。


サプリは?と聞かれることがありますが、科学的根拠(エビデンス)がないので、いっさい中止してください、と話をしています。


お茶は?と聞かれることは、まずありません。これも、「痩せる」というエビデンスがあるお茶はありません。


やはり、便秘になる人が多いので、意外と、自由診療枠でも「オルリファスト(一般名、オルリスタット、他の商品名はゼニカルです」を希望されるかたが多いのには、驚きでした。

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食