• clinic94

サクセンダだけが優秀だという科学的根拠

GLP1ダイエットに関する、よくある質問にお答えします。


Q:ほかのダイエットと比較して、サクセンダを用いた、GLP1ダイエットが優秀だという科学的根拠(エビデンス)はありますか?


A:私たちがご提供するGLP1製剤「サクセンダ」には、エビデンスが沢山、あります。NEJMという国際的に有名な医学雑誌に報告されています。有効性や安全性も証明されています。


これに対して、他のGLP1製剤においては、糖尿病の治療におけるエビデンスはあっても、「抗肥満治療」におけるエビデンスはありません。


最近、1週間製剤のGLP1製剤「オゼンピック」において、抗肥満治療のエビデンスがありますか?という質問がありますが、答えは、「ありません」。その理由は、また、おってご説明いたします。


特に、週1回注射のGLP1製剤(オゼンピック、トルリシティなど)については、第3相臨床試験が公開されておらす、今度も見通しもなく、その安全性と有効性については、かなり問題がある危険な治療法です。オゼンピックにおいて、抗肥満薬として、第三相試験が行われているという噂は聞こえてきていません。 まして、内服のGLP1製剤(経口GLP1製剤)も、同様です。海外の論文では、皆さんが想像しているような、劇的な「抗肥満作用」はありません。かつ、食事の影響を、めちゃくちゃ、うけます。内服前の何時間前に何を食べたか、によって影響をうけてしまいます。その動画は近く公開しますね。 ともかく、ものすごく生活が規則的で、朝起きてから、何も食べないで30分、我慢できるという人しか、経口GLP1製剤は、投薬できなく、とても、服薬コンプライアンスが悪いだろうと予測される薬になりそうです。(治験レベルでは、お金をもらって治験に参加している人が対象なので、服薬コンプライアンスがいいのは当然なのですが。実臨床は、違います。)


GLP1製剤にも、沢山の製剤があるので、慎重に検討されて、有効性と安全性が最も高い治療法を選択されることをお薦めします。クスリを選択するには、慎重に慎重をきわめてみてください。


最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重