• clinic94

世界保健機関(WHO):推薦のダイエットの秘訣

世界保健機関(WHO)は、各国の食文化の違いを超えて共通している、より健康的に生きるために必要な「5つの食事のヒント」を提案しています。


5つの食事のヒントとは、▼バランスのとれた食事、▼食塩を減らす、▼脂肪の摂り方に注意する、▼糖質を摂り過ぎない、▼アルコールに注意――食事の改善にあわせて運動も行うとより効果的だとアドバイスしています。


栄養バランスが良く、エネルギー摂取量を適正にコントロールした食事は、肥満、2型糖尿病、心臓病、さまざまな種類のがんなどを予防・改善するために不可欠だ。健康的な食事により免疫も改善し、体が感染症と闘う能力を高めるのにも役立つとのことです。


「健康的な食事の内容や、必要なエネルギー量は、年齢や身体活動レベル、在住している地域で利用できる食品などによって変わってきます。しかし、国や文化を超えて、健康で長生きするために勧められる食事には共通する特徴があります」としています。


GLP1ダイエットでは、 ▼バランスのとれた食事、▼脂肪の摂り方に注意する、▼糖質を摂り過ぎない、▼アルコールに注意 が「実現可能」です。


塩分については、これまでは、さほど注意したり、指導したりしてませんでしたが、GLP1投与すると、血圧が下がるので、塩分制限と類似の作用を示します。


「摂り過ぎに注意する」===> GLP1は脂肪摂取量を減らします。 「摂り過ぎない」 ==>追加糖質(Added Sugar)はやめる。


微妙に「行間を読んでいくと、あたかも、GLP1ダイエットを、すべて肯定しているダイエットの秘訣」のように読めます。


「○○制限」と一部のメディアが騒いでいた時代は終焉を迎えました。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食