• clinic94

花粉症時期の肥満は、新型肺炎流行時の肥満と類似。

私は、毎年、花粉の時期に、体重が増えます。外出ができないのと、いらいらして、食べてしまうこと、それに、身体の中に炎症が起こると、インスリン抵抗性がまし、高インスリン血症になり、それが、体内の脂肪分解を阻止するため、痩せなくなってしまうのです。だから、花粉症の時期は、太るのは、しょうがない、、そう諦めていました。


もう10kgを超えると、身体が重くなり、動けなくなり、とうとう14kg、も増えてしまって、まさしく「肥満の悪循環」が、そこで始まっていたわけです。


それで、これではまずい、未来に不安がある、、と思って、2年前の8月から、GLP1ダイエットを始めて、今は、-14kg、つまり、もとの体重にもどり、頑張れば、あと2kg、昨年よりも、2kg、やせます。ピーク時よりは、-16kg、体重を減らすことができています。


GLP1ダイエットを継続した結果、昨年も今年も、花粉の時期なのに、体重は横ばいでした。副腎皮質ホルモンのセレスタミンも、服用せずに、すみました。これは、私にとっては、何年も、「花粉症の時期=太る時期」という先入観でいた人間にとっては、かなり衝撃な結果で、本当に、GLP1ダイエットをしていてよかったと思うわけです。


さて、私の、この体質と似た論文が発表されています。それが、大気汚染で、糖尿病を発症する、そういうような内容の話題です。それも、新規に発症した糖尿病の7例に1例は、大気汚染が原因、、というのですから衝撃的です。米セントルイス(St Louis)のワシントン大学医学部(Washington University School of Medicine)のジヤド・アルアリー(Ziyad Al-Aly)氏らのチームが、専門誌「ランセット・プラネタリー・ヘルス(Lancet Planetary Health)」に報告したものです。研究は、米復員軍人援護局の臨床疫学センターにおいて、糖尿病の既往歴のない米退役軍人170万人を対象に8年半かけて追跡調査を実施したものです。実に、2016年に全世界で新たに発症した糖尿病の14%にあたる、320万症例が大気汚染に起因していたという事です。


今、新型コロナウイルス騒ぎで、この状況と類似の状態が世界中におこっています。


こうなると、糖尿病の発症を予防する、肥満を予防する、という、GLP1ダイエットは、大気汚染、花粉症を予防する、薬物治療、の他に、肺炎予防のために、外出できない分のエネルギー消費ロス分を食事量を減らして調節するという治療といえるかもしれません。


その意味では、どうどうと、昨年も、今年も、「花粉症キャンペーン」をしていて、良かった!新型コロナウイルスだけは、想定外ではありましたが、それ以外は、世界の動向を先読みしていた、医療活動だったということになるのでしょう。


最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食