• clinic94

糖尿病のプロならROIを考えます。

HbA1cは改善している。 甘いもの、ほしくて、しょうがない。 食べても、6.3%なので、 安心感があるので、たべてしまう。


それでいて、全然、ふとりもしない。


これまで、私が処方してきていたのは、GLP-1受容体作動薬でも、ビディリオン、です。


ビディリオンの処方は、私が、すべての日本の国内、クリニック、大学病院、総合病院をも含めた医療施設の糖尿病専門医の中でも、トップシェアだそうです。1医師、個人の処方が、かなりの大学病院の処方を、はるかに、おいぬいているとのことです。


世界レベルでは、ビディリオンは売上をのばしておりましたが、そこに、今回、オゼンピックが入り込んでくるというわけです。


このブログの読者のみなさんには、理解が難しいかもしれませんが、糖尿病治療では血糖コントロールがよくて、体重は、そこそこ、で満足してもらえるので、プロ(糖尿病専門医)にとっては治療は、やさしく感じますが、費用対効果(ROI)は?と聞かれると難しいものがあります。まだ、オゼンピックの薬価が決まらない以上、なんとも言及できません。


オゼンピックが発売されれば、糖尿病専門医の私にとっては、かつてのビディリオンの状況を踏まえて、その理論を、ビディリオンからオゼンピックに、変わるだけです。価格も含めて、そんなに単純にはいかないのではないか、と危惧しています。


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食