• clinic94

Dual + Dual => Triple 

最近は、Dual Hormone Therapy (2つのホルモン製剤)を合剤にして、両者の長所を合わせ、より強い薬剤にする、両者の欠点部分は、どちらかが補う、そういう発想の糖尿病治療薬、抗肥満治療薬の開発が主流となってきました。

もちろん、当分の間は、GLP1が中心となって、GLP1のSingle Therapyが主体でしょう。その1日製剤、1週間製剤、経口製剤などの比較がなされる時代が、あと2年は続くと思われます。ですが、3年後には、がらりと様相が変わるかもしれません。


最初のDualの候補は

「GIP/GLP1受容体作動薬」です。


GIP ==> 血糖値をさげます。インスリン感受性を高めるという報告もあります。

GLP1 ==> 食欲中枢に作用し満腹感を起こします。胃に作用し、胃排出速度を遅くして、食後高血糖をおさえ、食べたら、すぐに胃がはって食べられなくなります。


第2のDualの候補は

「Glucagon/GLP1受容体作動薬」です。


Glucagon --> 脂肪の分解を助けます。肝臓からの糖新生を高めます。インスリンとは拮抗した作用をもちます。注射をすると、少なからず、吐き気などが起こります。

この2剤のラインアップが、開発中ですが、もし、この2剤を同時に注射したら、

GIP/Glucagon/GLP1受容体作動薬、という、Tripleな作用を体内に起こすことができます。現在、Triple 受容体作動薬は、いまだ動物実験段階で、人にむけて開発されるのかは未知数ですが、しかし、上記の2剤を重ね合わせれば、Triple製剤ができてしまうので、人への開発は進まないかもしれません。


「GIP/GLP1受容体作動薬」は「血糖値をさげる」「体重を落とす」 「Glucagon/GLP1受容体作動薬」は「体重を落とす」「脂肪肝をなくす」 という適応をもつことでしょう。ですから、この2剤を同時に使えば、

「体重を落とす」がダブルの強さになり、 かつ、「血糖値を落とす」「脂肪肝をなくす」という治療法ができます。


つまり「体重を落とす」ほうの、優先順位が、血糖値をさげるよりも高くなる可能性があります。そうなると、糖尿病専門医の仕事は、まず「体重を落としてから、血糖値をさげる」という順番になるかもしれません。


「ダイエット」市場は、この、Dual製剤が、2剤、でそろったら、3つの作用が重なり合い、3つの頭をもつドラゴンのごとく、大きな変貌を遂げるかもしれません。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食