• clinic94

注射するだけで痩せる? オゼンピックを超える!

先のブログ記事の追加補足をしておきます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


注射するだけで、痩せるし、血糖値もよくなる薬、があれば、と誰もが思います。


痩せるが先で、血糖コントロールがよくなる、が2番目という点がこれまでの薬と異なるところです。これまでの糖尿病治療薬は、血糖コンがよくなるが1番。次が体重が減る、痩せるが2番でした。この順番の、1番と2番の順番を変えて発想するだけで、治療として処方する薬剤選択が変わります。


その、おそらく最先端を走る薬が、肥満と糖尿病の治療薬として、英国で臨床試験を進めており、Phase2aが終了し、その結果は、欧州糖尿病学会(バルセロナ)でも、報告され、その講演を聴講してきました。


興味深かったのが、この「注射するだけで痩せる薬」と、GLP1ダイエットでは、食事指導の指導方法が変えなくてはいけない、ということでした。注射するだけで、やせるためには、グルカゴンを利用します。グルカゴンは脂肪分解だけでなく、肝臓からの糖新生、の他にも、タンパク質の分解合成にも関与し、それを慢性的に投薬することは、通常はないのですから、全くこれまでとは異なる栄養指導の概念が必要になります。


つまり、従来、グルカゴン、は、低血糖が起こったら、分泌されるべきホルモンであり、普段は、分泌されてはいけないか、もしくは、GLP1を投与すると、分泌抑制が起こってしまうホルモンなのです。それを、あえて、常時、グルカゴン濃度を高め、グルカゴン受容体を刺激する状態を作るのですから、かなりの異常状態を、薬剤を使って、作ります。


論文は、雑誌Lancetに掲載され、世界が一躍、注目されるトピックスになっています。


Lancet. 2018 Jun 30;391(10140):2607-2618. MEDI0382, a GLP-1 and glucagon receptor dual agonist, in obese or overweight patients with type 2 diabetes: a randomised, controlled, double-blind, ascending dose and phase 2a study. Ambery P1, et al.


考察には、今アメリカで、新しい1週間に1回のGLP1製剤として、騒がれている、商品名オゼンピック(一般名、セマグルチド)を追い越す新薬になるだろう、という宣言も記載されていました。


おそらく、かなり短期間で痩せることができそうなので、「痩せないきがしなくなる」という新薬になるかもしれません。


あと3年もしたら、こういう発想が普通の内科医ができるようになることでしょう。糖尿病の世界も、栄養指導も、パーソナルジム業界も、すべてのダイエット市場に、大きな波紋を与えることは間違いなさそうです。


ただし、あと最低2年は待ってください!それまでは、「サクセンダ」で、やせておきましょう。

最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重