• clinic94

ただただ痩せるだけの薬!@韓国

動物実験レベルでは、食欲に依存することなく、ただただ注射をすれば、それだけで痩せる、という、真の意味の「痩せるホルモン」も研究されています。それが、グルカゴン受容体を刺激するホルモン製剤であり、今の開発薬品名は、HM15136。韓国の製薬企業が研究している薬剤で、やはり欧州糖尿病学会(2019,バルセロナ)で論文の発表がありました。


Potent weight loss effects and mechanism of a novel long-acting glucagon analogue, HM15136, in animal models. J. Lee et al. Republic of Korea. EASD, 781, 2019


結論だけ述べると、この研究では、リラグルチドやセマグルチドと比較しても、体重減少(body weight loss. BWL)は顕著に認められました。つまり、サクセンダをこえるダイエット効果をもっている事が証明されたわけです。 ただし、 対象は、食生活によって肥満にさせられたマウスでした。


この薬剤により、リラグルチド群は体重減少が、−17.8%だったのに比べ、新薬群(HM15136)では、- 24.8% と、新薬群により顕著なダイエット効果を認めました。しかも、たった4週間で、です。


脂肪細胞に直接、作用していることも検証されました。エネルギー消費がより高い事も実証されています。この4週間に限ってだけみれば、血糖の悪化やHbA1cの変動も認めなかったとのこと。


結論としては、こうした新薬の動物実験の知見をもとに、将来、人においても、抗肥満治療薬になる方法を提案していく方針だそうです。その場合には、グルカゴンは、長期にわたれば、高血糖を誘発し、糖尿病を誘発しかねないので、血糖値のモニターが必要になることでしょう。 となると、美容外科クリニックではなく、やはり、糖尿病専門医が守備範囲になる薬になります。おそらく、ではなく、必ず、糖尿病専門医のチェックが必要になることでしょう。


ただ、こういう新薬がでてきたら、助かるのは、GLP1ダイエットで停滞期になった時、かつ、GLP1ダイエットで血糖値は十分に低下している場合で、体重の減りが止まった時での、揺さぶり作戦ができる、という点かもしれません。


GlP1ダイエットでは、ある期間、経過すると、体重が横ばいになりやすいのですが、それを、停滞期と考え挫折してしまうことも多いのです。そういう時、こうしたグルカゴン受容体刺激薬を併用すれば、イライラは、すぐさま解消することでしょう。応用範囲は、かなり広いだろう、、そう考えられます。まして、糖尿病がない患者さんにおいては、なおさらです。


もし、野放図に美容系クリニックが、こうした薬剤を投薬したら、糖尿病人口を増やすことになります。日本の厚労省は、それは看過できない!というはずです。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食