• clinic94

鼻から吸うダイエット薬?

GlucagonとGLP1を刺激すればダイエット効果が増すのなら、GLP1は注射で自己注射して、グルカゴンは鼻から吸えば良いのではないでしょうか?


Nasal Versus Injected Glucagon : User Experience Results of a Simulated Severe Hypoglycemia Study. ADA 2019. (アメリカ糖尿病学会、サンフランシスコ, 2019)

を聞いて、ふとそう思いました。


Spray or Shot? Nasal Glucagon Goes to the FDA

https://youtu.be/R2Kd4Dbqv48


Glucagon は糖尿病治療では、低血糖の時に対処する薬剤です。もしGLP1注射製剤で高濃度にGLP1が高い状態で、インスリンが分泌されている状態が担保できるのであれば、「併用する治療法」として、GLP1注射に加え、鼻からグルカゴンを入れることは、健常人では血糖値が上がらず、タダの、やせる治療となるかもしれません。薬価さへ安くなれば、本当になるかもしれません。


以下の学会発表は、実際に、その可能性を示唆しています(あくまで動物実験ではありますが。)バイエッタを1日2回、注射し、グルカゴンを1日2回、鼻から吸えば、簡単に、この実験と同じことが人でもできます。 cf: Biochaperon Glucagon Exenatide (BC Glu Exe), A Stable combination of Glucagon and Exenatide Achieved Large Body Weight Loss than Exe Alone in DIO Mice. Martic Gaudier, et al. ADA 2019.

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食