• clinic94

非常事態下での、肥満治療、糖尿病治療

軒並み、外来の糖尿病患者さんたちの

血糖コントロールは悪化 体重は減らない


この2つの現象が、いっきに起こってきています。正直、新型肺炎ウイルス騒動で「肺炎が怖いので外出ができません。ジムが閉まっているので運動ができません。ともかく、運動ができません」という回答が戻ってきます。

正直、糖尿病専門医から見れば、「運動ができなくなる」ということが、これほどまでに、血糖コントロールと体重減少に、歯止めになるとは、思ってもいないくらい、強烈な「負」の影響がでています。

「運動する」事において、こんなに効果があったのでしたか。 正直、糖尿病専門医になって、こんな体験は初めて、です。


この結果、改めて「運動する」事の価値を再確認するような外来診療風景が続いています。一言でいうと、「軒並み、薬の効果が消されています。」

こういう「運動ができない状況」が続くと、指導する側としては、できる助言は数個しかありません。


この新型肺炎コロナウイルス騒動の時期が続く間は、


「薬は、ちゃんと継続してください。薬で現状を維持してください。」 「改善しなくても、横ばいで、OKです。この嵐が通りすぎるまでは、あきらめないで、生活習慣を見直し、別の手を考えてください。」 「自宅でできる運動を考えてください。」 「体重も、血糖コントロールも、横ばいでOKです。騒動がおさまったら、おもいきり運動を増やしてください。そこで挽回してください。」


このアドバイスは、糖尿病治療のみならず、GLP1ダイエットを継続されている皆様にも、同じ内容のお話をしています。

たまに、「体重が減りました」という患者さんが来院されます。「なぜ?」と聞くと、答えはシンプルでした。


「もともと、そんなに運動してませんでしたから」


もともと運動が好きでない、運動をしていなかったという方にだけは、この時期、薬がきくようです。サクセンダも、おそらく、この時期は、そういう方だけには有効だと思います。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食