• clinic94

有効な薬がない時には、どうする?

ミトコンドリア糖尿病には、ノイキノン。その大量投与しか、治療法がなかった時代がありました。今の、コロナウイルスと同じ状況です。効く薬がない時には、効くかもしれない薬を大量投与するしかない、そう発想していた時代の事です。


特に、ミトコンドリア糖尿病が発見された時には、ノイキノン1日27錠(1回9錠x1日3回:大量投与)、処方していた時もありました。済生会中央病院の、ノイキノンの処方の、ほとんどを私ひとりで処方していた時代がありました。当時がなつかしいです。


ノイキノンのプロマネさんとは仲良しでお世話になりました。昔は、そういう大量処方している医師には、メーカーからの恩返しのようなこともできていました。夫婦で、国際コエンザイムQ10学会に招待され、イタリアの田舎町(アンコーナ?)で、スピーチしたことがあります。

ノイキノンが販売停止になると、ミトコンドリア糖尿病に処方する薬がなくなります。


イメグルミンに対する期待が、ますます広がりますね。


しかも、イメグルミンは、なぜか、日本人には効きやすいのです。 民族特異性がある、、という点も、なぜか、コロナウイルス騒動と、類似しています。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食