• clinic94

特許出願、意匠特許出願、敢えてしませんでした。

1990年代の初め、「外食コントールブック」は、書店では見つけられないくらいの大ヒット書籍になりました。筆者の私でも書店では2か月、入手できませんでした。その時、

特許出願は無理でも、商標出願、意匠出願をしようかと、「主婦の友社」と、まじめな議論になりました。でも、その時の判断は、

その時、私が考えたのは、こんな感じ。。。 誰も、このアイディアを「模倣する人」は、でてこないだろう、、なら、広く社会に普及して、「模倣してもらった方が、世のため、社会のため」になるだろうと考えて、あえて「独占する」権利を放棄しました。

その後、「池田書店」が、似たような書籍を出版し、模倣しようとしましたが、結局、オリジナリティのある書籍を模倣することを、各書店は「恥」と考えてくれたようです。

おかげで、この「外食○○シリーズ」は、累計100万部以上の売り上げをだして、印税も沢山、いただきました。

結局、「模倣されるわけがない」と考えて、特許、意匠出願をやめました。今では、その判断は正しかったようです。このシリーズは、何冊も類書をだし、インターネットが出現する前までは、書店の、特に「一般向けの医学書籍」の中での、書店の中では、唯一、ベストセラーになり、主婦の友社の「社長賞」を受けました。

全国の書店の経営者は「鈴木吉彦著」とさへ書いてあれば、すべからく「平積み」にしていた、昔の時代のことです。

真似する医師が後続に続けないような「アイディア」であれば、意匠出願、特許出願、さらには「商標出願」もしませんでした。熟慮の上の判断でした。

書店の「医学書」の棚の、半分のスペースを占めた時代がありました。今でも誇りを感じることがあります。主婦の友社における「ダイエット書籍」としては、2度、社長賞をもらっています。主婦の友社の「売り上げベスト10」の中に、私の書籍が、ベスト10の中の、5冊を占めた時代もありました。

今は「デジタル」の時代。でも「アナログ」時代の成功体験を、今後も、フルに応用していこうと考えています。

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食