• clinic94

都市封鎖よりBCG接種をもう一度か?

先のニュースの続きです。もしかしたら、政府がやるべき急務は、なにより先に、BCGの再接種という全く新しい臨床的試みかもしれません。誰も、それに対しては正解を持ち得ていないでしょう。

http://agora-web.jp/archives/2045164.html ロックダウンよりBCG接種の試験を – アゴラ

死亡率の上位はBCGの義務化をやめたヨーロッパの国がほとんどで「デンマーク株」。義務化しているポルトガルの死亡率は、義務化していないスペインの1/12である。イランは義務化しているが、特殊なイラン株を使っている。他方、死亡率の少ない国のほとんどはBCGを義務づけており、「日本株」と「ロシア株」である。とのことです。

そして、この記事だけは「見逃せません」でした。

日本の全面的なBCG接種は1951年以降なので、70歳以上の高齢者が危険だ。


たしか最近、無くなったばかりの著名人(芸能人)も70歳を超えていましたよね!

一度BCGワクチンを接種すれば、その効果は10~15年程度続くと考えられていますので、理論的には大人になれば、弱まっているはず。とすれば、もう一度、再接種したいと考える人は少なくないはずです。


やろうと想えば、私は、内科医ですから、やれなくはありません。


ただし、内科医、小児科医および日本の感染症の専門医たちの公式声明があるまでは、動かないことにしたいと想います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

後は、上記の記事をクリックして、内容を深くお読みください。





0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食