• clinic94

コロナは「ゴジラ」と「源」は同じ?

「省」制度によって、中国は、県みたいなもので、「条例」のような規制が違うとのことです。(中国に長期滞在していた方から、さきほど、聞いた話です。)つまり、

中国は省によって、制度が違う、、 制度なのか、運用なのか、は別の話のようですが。

「省制度」によって、ルールが異なってよかった、とのこと、許可されていた、、とのことのようです。そして、それは、武漢というより、湖北省の運用によって、BCGをやるか、やらないか、を決める権限があった、という事なのかもしれません。

もしかしたら、これが、コロナ騒ぎの、根っこの原因だったかもしれないのです。ですが、湖北省、だけが、BCGをやらないと決めていた本当の理由は誰もしらない、とのこと。(知っているのは中国共産党だけでしょう)。そして、かつて、

武漢は、甲状腺異常の疾患比率が、めちゃくちゃ高かったとのこと。 普通は数%もないのに、20%近かったとのこと。

内陸に核実験施設が多くあったためだったかもしれません。

1970年代の甲状腺異常が、ものすごく多かったのは、有名な話だそうです。

(あくまで聞いた話ですので、。責任は一切、取りませんので悪しからず。武漢周囲に核実験所が多いとかという情報は中国政府の国家機密なので、東京の一医師が知るよしもありません。ただの憶測で医師としての憶測の範囲でしかありません。ジャーナリストのように裏をとるつもりもありません。すみません。)。

夏目雅子(女優)さんが白血病になったのは、西遊記で中国にいったのが原因だったかもしれないとのうわさがあったくらいです。彼女は慶応大学病院に入院し、私の同級生が担任医師だったらしく、私は彼の同級生というだけで、マスコミから「何かしってませんか?聞いてませんか?」という電話取材がはいったので、超迷惑だったので記憶に残っています。

核にまで「源」を辿る事になるとは、、、それだけで、、ため息がでますが、かりにも、核実験が、もともとの原因だとしたら、SF小説「ゴジラ」の発生と同じシナリオになります。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食