• clinic94

サクセンダへの切り替え:効果あり

今の、トルリシティの0.75mgなら体重は変化しないはずです。なので、トルリシティを処方された受診者がダイエットが成功しない、と言われれば、それは当然といえば当然。エビデンスがないのですから。ただ、一部のクリニックをのぞき、トルリシティを処方しているクリニックは減少しているようですが。

でも、そうした患者さんが当院を訪問されますが、リラグルチド(サクセンダ)へ切り替えると、とたんに体重もさがります。クスリをかえることにより、モチベーションがかわることと食事のたびごとに、食欲低下を自覚したほうが実際の食事摂取量が減るのかもしれません。

投薬のタイミングを上手に、する、巧みにすることでクスリの効果を増幅できる、という理屈になります。これが内科医師の「臨床」です。

GLP-1受容体作動薬、簡略してGLP1注射薬、を、その臨床を知らないで渡している医師たちは、こういう「臨床(プラクティス)」の差異を熟知して臨床しているのでしょうか?ただただ、GLP1を注射すると、お腹がすかなくなるから処方している、とか、そうレベルの医師達ばかりではない事を祈ります。バイエッタ5μg1日1回注射だけで、ダイエットができるとしているクリニックは、論外だと思います。

けっして、ノボノルディスク社の、味方であるから、ということで発言しているわけではありません。サクセンダこそ、唯一の「抗肥満治療」となっていることの背景には、さまざまな理由があり、エビデンスがあるからなのです。

もし、イーライリリー社が、今後、新しいGLP1製剤、特に、Dual製剤、例えば、GIP/GLP-1受容体アゴニストを発売するとしたら、それも全面的に応援したいと思いますGIP/GLP-1受容体アゴニストが生み出す世界は、もっともっと世界を驚かす効果だらけになるのではないか、と考えているからです。

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(18)32260-8/fulltext The Lancet | The best science for better lives

日本で読みたい方は、こちらをどうぞ。


https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(18)32260-8/fulltext 医学文献検索サービス -メディカルオンライン

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食