• clinic94

動かない時間を減らしましょう

運動は、減量には当然、効果的ですし、認知症の予防にもなりますし、ダイエットにも、必須です。もちろん、GLP1ダイエットの効果をだすにも、運動は必須です。ですが、米国糖尿病学会では、「運動をしましょう」といっても、伝わりにくい、ということになったので。キャンペーン文言を変えたそうです。

Diabetes Careという米国糖尿病学会の雑誌で紹介されています。

それが

動かない時間を減らしましょう

ネット社会で、PCの前にいる時間が増えたり、スマホをみている時間が長くなったことを反映したような表現ですよね。


座っている時間が長いですか? という問診を、私がGLP1ダイエット外来診療で、お聞きするのを、ほぼ必須にしているのは、こうした、「世界的ガイドライン」にそった問診のしかたなのです。


GLP1ダイエットで、もし停滞期にはいったら、運動を増やそう、と発想することが大事です。お腹が空かないで、運動は嫌いにならなくなるはずです。ですが、それすらできない場合には、以下のような発想をしてみてはどうでしょうか?

座っている時間を短くしよう。 30分に1回は、立ってちょこっとでも、歩いてみよう。 家の中で、ウロチョロしてみよう。 3分間だけは、座らずに運動してみよう。 スロージョギング(走るように歩いてみよう)してみよう。 家の中でもかまいません。家の中でも、ウロチョロしてみましょう。 細切れ(こまぎれ)で、階段を上り下りしてみよう。 テレビは見ていていいです。ただし、テレビのCMの間だけ、椅子から立ち上がってみましょう。

などなど。

こうした、ちょっとした助言をすること、コピーを作ることが、今の運動療法の最近の話題だそうです。ネット社会になリ、テレワーク、といわれつつ、一方で、運動をしようということを言われても、どうしたらいいか、分からないというのが、実状のようです。

動かない時間を減らす、という意識で、頑張ってみてください。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食