• clinic94

サクセンダだけが本物で世界標準の「抗肥満薬」。

GLP1注射製剤を、「やせるホルモン」と表現して、あたかも、それを注射することで、楽にやせるというキャッチフレーズをうたっている医師がいますが、糖尿病専門医から、いえば、「やせるとはかぎりません。」

医師の処方しだいです。わざと、体重を横ばいにする処方もあります。

基本的に、ビクトーザは、糖尿病治療薬で、血糖をさげるホルモンです。膵臓β細胞に作用するのが主たる作用です。インスリンを分泌させるホルモンです。インスリンが分泌されれば、通常は、太る薬剤になるはずです。ところが、食欲抑制作用があるので、通常の日本人における投与維持量では、体重は、糖尿病患者では横ばいになります。

ですから、もし、糖尿病の方がこの治療を行っても、「やせるホルモン」をうっているから、痩せます、と、コミットしてはいけません。

私たちのクリニックで、ビクトーザでの体重減少を、コミットするのは、一般肥満人、のみです。しかも、糖尿病の通常用量を超えて、注射した場合に限ります。

サクセンダは、同一成分ではあるものの、その「治療法(英語でいうと、プラクティス)」が、異なるので、サクセンダを使用する時には、「抗肥満薬治療」と、唄うことができます。その場合には、俗にいうところの、やせるホルモンの臨床、ということです。

厳密にいうと「やせるくらいにGLP1の薬剤投与量を増量した場合の臨床」が正確な表現です。その場合、糖尿病(特に2型糖尿病がある肥満の方)をもつ場合も、含まれます。

なお、サクセンダと、ビクトーザとの併用は、行いません。同一成分薬品なのですが、目的が異なりますし、きちんとわけて、処方することが原則となります。

これらを、自由診療で、きちんと使い分けられるのは、内科の医師でしょう。 不明な点がありましたら、どしどしメールでご質問されてください。

info@glp1.com まで、メールをお願いいたします。

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食