• clinic94

GLP1との出会いは、9.11

2001年9月8日から、欧州糖尿病学会が英国のグラスゴーでありました。その時、学会場のスクリーンに戦争映画が映されました。何がおこったら、わからないまま、しかたなく予定していた講演会の聴講をとりさげ、別の講演会へと移動しました。その会場で、大きなスクリーンに映し出されていたのが、「アメリカドクトカゲ」の写真でした。 それが、GLP1との初めての出会いです。今から19年前の事になります。

その後、ジョンエングという内分泌代謝の専門医が、アメリカオオトカゲの唾液の成分に、インクレチンと似た構造の物質があることを発見しました。それが、エクセディン4、今の商品名、「バイエッタ」です。

あれから、なんと19年、GLP1は、糖尿病世界では中心的な話題となり、糖尿病治療薬として進化してきました。

ここ最近になって、急に、それが「抗肥満薬」になるとは、当時の誰もが予想しておりませんでした。ビクトーザの治験にも、日本での第3相試験には、最初に参加しましたし、歴史は長いです。

アメリカオオトカゲが、なぜ、1ヶ月も2か月も、口に何もいれなくてもお腹が空かないのか、、、そういう単純な発想から、この研究は始まったと聞いています。

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食