• clinic94

-4kgで、うなじ美人。大和撫子

昔、BMIというインデックスがなかった頃、 あるいは、CTによる内臓脂肪測定とか、も、なかった頃、 肥満の定義という測定法があって、 専用の測定装置で、皮膚をはさんで、その厚さで、測定していた時期がありました。

その時の日本では、 女性の肥満は、上腕の下側の皮膚をつまみ、厚さを測定。 男性は、お腹の皮膚を、たしか、縦につまんで、その厚さを測定。(たしかでありません。ただ、横つまみだと、かなり、誤差がでやすい、という印象があり、そう記憶していただけかも)

そういう測定が普通でした。女性は、お腹の皮下脂肪ではなかったのです。

ダイエットを希望される女性は、まず、「お腹」を気にされることが多いのですが、

GLP1ダイエットで、-4kgから5kg(?)、減量に成功された 受診者の女性が来院されました。(口頭で許諾をいただいたので、ここに記載しています。もちろん匿名です。)

外見をみて、おどろいたのが、背中から、うなじ。首すじまでの脂肪が、ざっくりとおちて、本当に、素敵な「うなじのきれいな日本女性」、ていう感じに、変貌してました。

会社の人たちからも、きれいになったね、て、言われるようになったそうです。

やまとなでしこ【大和撫子】 ② 日本女性の清楚な美しさをたたえていう語。

こういう言葉が、ぴったり。かな、という感じです。もちろん、正面からみても、おきれいなのですが、ついつい、うなじをみたくなる、という感じです。

男性の目線としては、女性のお腹をみにくいですけど、うなじなら、じっと見ることができます。だから、会社でも、周囲から、きれいになったね、と言われるというのは、なるほど、と思いました。

試しに、Googleに、「うなじ」と入力すると、「うなじ美人」という用語が、リコメンドされて、でてきます。

つまり、女性にとっての、やせる、ということは、上半身から首すじにかけて、の、減量が、美、につながりやすく、そのセンスが、日本では、「肥満の定義」として採用され反映されていたのだったかもしれません。

たしかに、昔は、着物をきて、帯をまいていれば、お腹のサイズは、いかようにでも隠せました。だから、上半身が大事。。

そういうことだったのか、、

と、今さらながらに、感心して、思い起こしておりました。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食