• clinic94

苦境にたった時、どう頑張るか。

病気になって、あるいは、病気が怖くて、苦境にたった時、どう頑張るべきか。

このテーマは、コロナ(COVID-19)でなくても、病気がある人にとっては、共通のテーマです。そう思っていた時、I型糖尿病を励ますための書籍を1990年に出版していましたことを、ある患者さんが私に思い出させてくれました。

この書籍は、ビルガリクソン投手との共著でした。今は、もうリアルの書店では、入手できないようです。中古品でも、今は、なんと、4830円の価格になり、アマゾンで入手できるようです。

この中には、運動に対する考え方や、苦境にたった時に、どうやって病気を考えるか、について、やや「哲学的」な要素も加味しつつ、でも、I型糖尿病になったばかりの小学生でも、解りやすいような文体で、書籍を作りました。

こういう苦境にたった時、どう乗り越えるか、は、同じテーマだし、それなら、一挙公開してみたいと思います。スキャンしてみますが、最初は、スキャンが下手かもしれません。読み込みにくければ再度、アップしなおします。

コロナ太りで四面楚歌という方にとっても、役立つ書籍だと思います。連載で一挙、掲載しますので、ご愛読ください。ガリクソン投手は、こういう時には、すすんでコンテンツを提供してくれていましたし、今回も、喜んでくれると思います。

ナイスコントロール!―ガリクソン投手のおくりもの | ビル・ガリクソン, 鈴木 吉彦 |本 | 通販 | Amazon

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB-%E2%80%95%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3%E6%8A%95%E6%89%8B%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%82%82%E3%81%AE-%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3/dp/4263230817



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食