• clinic94

ケインズの法則:音楽と鉄の熊手を使い脱却する。

慢性的な不況。慢性的な運動不足。から、どうやって脱却できるか、について、ある患者さんから新提案がありました。 150cmの鉄の熊手を使い、庭の土を掘っては、埋め、掘っては埋めを繰り返します。 特に、音楽を聴きながら、全身を動かすというのではなくてはいけない、、という指導もありました。 この作業は、かつて「ケインズの法則」として知られている理論でもあります。 https://president.jp/articles/-/2701 なんと、 以下のページには漫画もありました。

https://togetter.com/li/1416664 ケインズは、資本主義の制度では、供給可能な財の量を下回る需要しか存在しない、という形での不完全均衡が生じやすいので、何もしないでいると慢性的な不況に陥る、と考えた。ケインズの理論の特徴は、ただそれを指摘するだけに終わらず、対処の仕方も提案している、ということである。ということです。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ あえて、こういう事を考えないかぎり、今のような「下回る需要が継続する」という社会状況では、ダイエットは成功しない、しずらくなっている、という事を示唆します。音楽を聴きながらがポイントというのは、なにかしら生産的な事が、ひとつでも無いと、ただの無益な作業として思い込んでしまいがちになるから、ということなのでしょう。 ご本人の了解を得て、ノンフィクションストーリーとして、お届けします。 、、ということで、、 なんでもいいので、「動かない時間を減らす努力をしてみてください。」。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食