• clinic94

何故、日本だけがコロナの影響が少ないのか?

Quoraからの引用です。特に、

https://www.quora.com/profile/Youji-Hajime

さんの報告は、一読に値します。

マスクが多い(花粉症が多いのが幸いした?) 外食すると、お手拭きがでてくる。

水がタダ (水資源が豊富。他の国では水は貴重。有料が多い)。 水でウイルスが消える

お尻を洗う習慣がある。(Washlet)。 帰宅すると、靴を脱ぐ。靴の裏には、街中で歩いた飛沫でついたウイルスがいるそうです。

知人とハグしない。 お弁当文化があるので、イタリアのように、1個の料理をシェアせず、ひとりづつ事前に小分けして食べる習慣がある。

https://www.quora.com/Why-is-Japan-s-coronavirus-so-low-compared-to-other-countries

Why is Japan’s coronavirus so low compared to other countries? - Quora

この中で、「糖尿病治療」と共通している点が1つあります。

それは、水が無料に近い、ということです。それもあってか、日本の製薬メーカーは、SGLT2阻害剤に注力し、世界でNo.1の、SGLT2阻害剤メーカーが軒並み開発をして、日本では6種類以上のSGLT2阻害剤があります。SGLT2阻害剤を服用するには、当初の脱水を防ぐ必要があるからです。

諸説がでまわるものですね。

おしぼり、や、Washlet , そして、靴を脱ぐ習慣が関係ある、ということは初めて知りました。

お寿司があるので、お寿司を手でとって食べるという習慣が、偶然にも、おしぼりにつながり、それが、コロナの抑制につながったとしたのなら、江戸時代に、お寿司を考えた職人達に、感謝しなくてはいけないのかもしれません。

こういう「原因と結果を結びつけて考える」のが、「内科医」的な発想です。内科の得意分野でもあります。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食