• clinic94

プロは2kgまで!。 コロナ太り禁止令

プロのアスリートは、コロナ太りは、プラス2kgまでを限度とすること、という指令(禁止令)が、でたとの話題がありました。プロでさへ2kg太るのですから、運動を全くしなくなってしまった一般人は、3,4kg増えたとしても、責められないのかもしれません。

以下、参考記事です。

バルサ選手に“コロナ太り禁止令”…隔離生活で2kg太ったらアウト | ゲキサカ

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?301406-301406-fl


☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、引用文です。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 バルセロナは選手たちに隔離生活の期間、2kg以上体重を増やさないように命じたことが分かった。スペイン『アス』が伝えている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、リーガ・エスパニョーラは中断となり、バルセロナの選手たちは自宅で個人トレーニングに励んでいる。自宅待機が長引く中、バルセロナは所属する選手に対して、体重の増加を2㎏以内におさめることを命じた。

 選手は1日2回体重を計測し、フィジカルトレーナーに報告している。『アス』によると、現状は大多数の選手が1kg未満の体重増加にとどまり、トレーナーが設定した制限を守っているようだ。隔離生活は6週間以上続いているが、ここまで選手の体重増加は0.6〜1.5㎏の閾値だという。

 また、体重に比べて計測の正確性は欠くものの、体脂肪率も0.3〜0.9%の増加にとどまっているようだ。クラブの栄養士が選手の食事を管理し、外出禁止が続くこの期間に一連のガイドラインを設定。全体練習が再開したときに体重が2㎏以上増えていた場合はアウトで、記事では「いずれの場合も2キロ以上という基準を超えてはならない」と伝えている。

 ここまでの数値はセーフだが、自宅でのトレーニングには限界があり、この数週間で一部の選手には有酸素パフォーマンスの低下が見られているという。スプリンターの場合は、スプリントを繰り返す筋力の明らかな低下、腱の衝撃吸収力の損失が確認され、クラブは実戦でのケガを懸念している。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食