• clinic94

効果がある人  Adjuvant Therapy

GLP1ダイエットの効果がある人は、

昔は食事や運動で簡単に痩せられたのに、最近になり、痩せなくなってしまった。なぜだろう?

と考えられている方が多いのです。

仕事が忙しい、座り仕事が増えた。環境的に食事制限が難しい、運動するにも身体が重い、運動はしているのだが、お腹が空いてたべてしまう、などなど、事情は様々ですが、基本的に、食事療法か、運動療法の、どちらかに多少なりとも破綻をきたしている場合が多いわけです。(コロナのために、運動不足、間食の増加に、拍車がかかっている様相もあります。)

GLP1ダイエットは、食事を自然に制限し、筋肉にグリコーゲンをためますし、血糖値をさげます。反応性低血糖もなくし、イライラした気分もなくなります。食欲が抑制され、いつも満腹状態が続きますから、暴飲暴食の日々が、自然に遠のきます。それによって痩せれるという理屈のダイエットです。

ただし、これは、基本、食事療法と運動療法を、しっかりと行っている場合に、かぎります。あくまで、基本にもどるための、補充療法、英語では、アジュバント療法といっても過言ではありません。

Wikipediaでは、

アジュバント (Adjuvant) とは、広義には主剤に対する補助剤を意味する。一般的には主剤の有効成分がもつ本来の作用を補助したり増強したり改良する目的で併用される物質をいう[1]。ラテン語の adjuvare(助ける)に由来する。

とあります。

GLP1治療は、本来、GLP1は、膵臓のβ細胞に働きかけインスリン分泌を促しますから、血糖値を下げるというパワーを持ちます。ですから、GLP1治療だけを行い、血糖値をさげるという目的で行うのであれば、補充療法ではなく、あくまで、主たる目的をもった主力療法です。

ですが、これを「ダイエット」目的とした場合には、本来のGLP1製剤がもつ「食欲低下」と「胃排泄速度を遅くする」という効果を利用して、食事制限をし、それが楽にできるようになり、摂取エネルギーが減る、だから痩せる、という目的が主たる目的になります。

ですから、GLP1注射だけをして、まったく食事療法がおろそかになったり、運動をあえてしなくなったりした場合には、せっかくのダイエット効果は消えるということになります。 コロナ騒動になって運動不足になったり、間食が増えたりすることで、ダイエット効果が消えやすくなっているのは、そのためなのです。

GLP1ダイエットは、糖尿病治療においては、血糖値をさげるという意味で「主力的治療」ですが、ダイエットを目的とした場合には、食事療法と運動療法を手助けする、助けてくれる、暴飲暴食の日々から開放してくれる手助けをしてくれるなかなか自力ではできなかった状態を補正し正常の状態にもどしてくれる、原則的に、それは食事療法と運動療法との「補充療法」となる

そう考えるのが医学的には正しい考え方です。

最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重