• clinic94

話題の食品ほど、とりいれるべきではない。

インスタ用の文章です。


1.

さば缶は、東京医大教授の小田原先生がテレビで話しをして話題になった食品。 2.

小田原先生と直接、お話しましたが、こんな騒ぎにはあるとは、思っていなかったそうです。あと、小田原先生は、このレベルのマスメディアに利用されるレベルの医師ではありません。うっかり、だったようで、笑ってました。


3.

そもそも、GLP1ダイエットを始める場合、このような低い血中濃度のGLP1濃度しかださない食材を、あえて食べる必要は、全くない。


4.

注射で高濃度のGLP1製剤が体内に入るわけですから、最も、不要な食品こそ、サバ缶。


5.

GLP1ダイエット中、サバ缶を、取り入れるべき食品としている医師の頭の構造が理解できません。

6.

そればかりを食べる食生活から、GLP1ダイエットは開放されます。

7.

何を食べても、かまいません。カロリーだけ制限すればよいです。これは、一般内科医、糖尿病専門医にとっては、常識です。

(以上、59秒)

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食