• clinic94

ナイスコントロール ガリクソン投手からのおくりもの 連載(20)

ガリーVSドクタースズキ

○ ガリーの得意球はブラッシュバック ○ Dr.鈴木  君は記者に対しても親切で、アメリカにいた時でも一番好かれていたと聞いているよ。ところが、マウンドに上がると挑発的、好戦的になるというので有名とも聞いたけどね。  ガリー  得意だったのはインサイド攻めだったからね。 Dr.鈴木    君の145キロメートルの速球が胸元にきたら怖いだろうね。きっと、僕ならバットを投げ出して逃げ出してしまうだろうな。 ガリー  ビーンボールとブラッシュバックは違うんだ。ブラッシュバックは、胸すれすれののけぞらすような球のことだけれど、大リーグなら誰でも投げるさ。そうすれば、つぎの外角の球は打てないからね。 Dr.鈴木    打者もそれはわかっていても、カーッとなってしまうんだろうね。 ガリー  ブラッシュバックは、打者に対する投手の警告なんだ。怒るほうがおかしいよ。パーカーなどは肘にインサイド攻めの球がぶつかったときには、にやりと笑ったくらいだよ。 Dr.鈴木   本当に君のなかには、「静」と[動]が共存しているね。 ガリー そうかな。でもアメリカではよく ブラッシュバックで乱闘したよ。(笑って) Dr.鈴木   あの話、もう一度聞かしてよ。ほら、ゲーリー・カーターとの話。 ガリー  ああ、あの話ね。カーターはモントリオール・エクスポスのキャッチャーで、ミスター大リーガーと呼ばれていたくらいの大打者だったんだ。その後、僕はレッズに行き、カータ―はメッツに移ったのさ。あるゲームで、僕の内角攻めがあたってしまったんだ。カーターは、『オレの選手生命を奪う気か』というので、いいかえしてやったさ。『あんたが僕の捕手のときに、さんざん要求した球だろ』ってね。

Dr.鈴木   普段は無口で黙々と練習するタイプのきみから、そのようにすごまれたのでは、さすがのカーターとはいえ、たじたじだっただろうね。 ガリー とにかく相手が誰であろうと、僕は向かっていくピッチングを捨てたくないだけさ。

ナイスコントロール ! - ガリクソン投手のおくりもの ビル・ガリクソン (著), 鈴木 吉彦 (著) 医歯薬出版株式会社

supported by 放射線技師 H

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食