• clinic94

やせるホルモンではなく、アペタイトホルモン

アメリカのサクセンダのPRを見ていると、GLP1は、「やせるホルモン」とは、言及していないです。

Appetie ホルモン、つまり、「食欲中枢抑制ホルモン」というのが、正しい言葉のようです。

食事をすると、すぐに、満腹になってしまうホルモン、という意味です。

もちろん、すぐに満腹になるわけですから、食事量は低下し、体重は、おちるはずです。でも、サクセンダですら、減量に成功する確率は10人中9人、つまり、9割なのです。

ですから、製薬メーカーは、「絶対に、やせる」という表現は使わないようです。

PS

食欲抑制作用はあるにも関わらず、それでも体重が減らない、という点の疑問にも、最近は、お答えできるようになりました。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食