• clinic94

ナイスコントロール ガリクソン投手からのおくりもの 連載(29)

ガリーVSドクタースズキ ○ 自分の中にある勇気を大切に ○ Dr.鈴木  君の言葉を聞いていると、何から何までと強い精神力を感じさせられるね。 ガリー  そうかな、僕はそうは思っていないけどね。これは勇気の問題だと思うんだ。誰にだって勇気はあるのだけども、病気があると、ついそれを見失いがちになる。僕は自分の中にある勇気を大事にして、それを少しずつ育ててきただけなんだよ。 Dr.鈴木  そうはいっても、きみは他人にはできないようなすばらしい人格形成をしてきたと思うのだけど。 ガリー  僕には、糖尿病は自分の人格形成にとって、とってもプラスになったと思うんだ。だから、この本を読んでくれた人たちも、自分に与えられたハンディを、プラスに変えるか、マイナスにしてしまうかは、自分自身だということをわかってもらえたら、と思うんだ。糖尿病は自分自身だよ。きっとみんなも自分自身を誇りに思える時がくるはずさ。みんながんばってほしい。 Dr.鈴木  本当に君は、糖尿病の患者さんだけではなくて、僕ら医療関係者にとっても大切ないろいろなことを教えてくれて、力づけられるよ。君と会っていて思うのは、僕らも多くのことを患者さんから学ばなければいけない、と感じることだ。 ガリー  でも君は医者だし、僕らの先生なんだから。 Dr.鈴木  いや、糖尿病の場合には、医者が先生で、患者が生徒ということはないよ。僕が君からたくさんのことを学んだようにね。でも、君から学んだことを他の誰かに教える時には、僕は先生って呼ばれるかもしれないけどね。 ガリー これが絶対に正しいというものはないと思うんだけど。野球も糖尿病も、ナイスコントロールが大切だね。 Dr.鈴木  そう。だからこの病気の治療には、糖尿病を知ると同時に、己を知るということも大事になるのさ。 ガリー  僕もそう思うよ。だから一層、自分の力で工夫し、自分のあり方を追究していかなければいけないんだ。 ナイスコントロール ! - ガリクソン投手のおくりもの ビル・ガリクソン (著), 鈴木 吉彦 (著) 医歯薬出版株式会社 supported by 放射線技師 H



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食