• clinic94

ビタミンDの1日の所要量と過剰症

「 完璧活用 ビタミン BOOK 」の 連載

 ビタミンDの1日の成人所要量は100IUとされていますが、すでにお話ししたように日光に当たると必要量の50%が作られます。

 ビタミンDが特に欠かせないのは発育盛りの子供で、1日に大人の4倍の量(400IU)が必要です。また、妊婦にも胎児の骨の発育のために欠かせません。 ビタミンDは脂溶性のビタミンであるため、過剰症をおこす可能性があります。臨床実験による過剰の目安は、1日に10万IUを1~2か月とり続けることと言われています。 症状としては、脱力感や食欲不振、下痢、便秘、嘔吐、頭痛、軟骨の成長停止、血清コレステロールの増加などがあげられます。

出典 完璧活用 ビタミン BOOK  鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行

最新記事

すべて表示

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|

NASHとは

NASHとは、、これを知らないと抗肥満治療が語れないかもしれません。 以下のサイトから引用しますが、ポイントは2点です。 1.予後は良好である事が多いので、たいした問題とは考えられていない。 2.治療法はない。特に、グルカゴンなどの効果も証明されていない。 従って、予後が悪いとされる「原因」さへ見つかれば、GLP1を使って押さえ込まなくても、心配ない病態です。サクセンダで十分だと思いま