• clinic94

体重が減らず、停滞期に、お世話になった運動用品

GLP1ダイエットを始めて、5kg、くらいは、すぐに、おちたのでしたが、その後は、数か月、全然、体重がおちずに、いわゆる停滞期にありました。

我ながら、かなり、イライラしたのを、覚えてます。 その時に、お世話になった運動を、今、思い出しました。

1つは、プールでした。

外来診察が終わって、くたくたになって、それでも、運動できる場所となると、プールしか、思いつきませんでしたから、自宅から近いホテルのプールに通いました。幸い、子供が受験時期だったので、子供たちが塾から帰るのも遅かったですし、その点、夕ご飯も遅かったので、それで、なんとか、家族の夕ご飯が終わる頃に帰る、というルールを作って泳ぎにいってました。 プールは、いわゆる、「インスタ映え」ができるプールだったので、7月、8月、9月は、目がとびでるほど、高い会員費でした。普通の時の、2.5倍! 少し迷ったのですが、ライザップよりは安い、1kg=3万円、というエステに通っている女性の友人の言葉を思い出し、7月、8月と、通い始めました。(高かったし、もったいなかったし、かつ、9月は、欧州国際学会もあったので、継続しませんでした。) 幸い、昨年は猛暑だったので、猛暑の中なら、これなら、元をとれる、と考えながら、インスタ栄えの写真を撮影している女性たちとは離れて、もくもくと、25mプールで、泳いでいたのは、記憶に新しいです。

「なんで、こんな高い会員費を払って、泳げないプールの会員になったんだろう」 て、心に思いながら、余計、悔しくなったのを覚えてます。

プールで泳ぐと、1時間、1000キロカロリーと、ざっくり計算できるので、体重計算がしやすかったです。途中で、「体重計」が壊れるというハプニングがあって、ジムの人たちに、体重計を治してください、、て、お願いしたこともありました。

泳ぐと、スピードが、体重がおちてくることに、速くなりました。それで、「脂肪が筋肉に変わっていっている。だから、体重がおちなくて、筋肉量が増えて、体重としてはイーブンでも、体型が変わっているんだ。」と、自分に言い聞かせて、継続できました。

2. ローイングマシーン

慶応大学のスポーツ医学教室の勝川教授、から、これがいい、と言われて、アマゾンで購入しました。勝川先生も、GLP1ダイエットは、すごい前向きで支援していただいて、肥満学会でのメインテーマだって、ことも、教えていただきました。  いろんな運動器具がある中で、夜、音をたてないで、全身運動ができるのは、ローイングマシーンでした。ですから、プールが終わって、夕ご飯食べて、ひとしごとしながら、ローリングマシーンを、ひたすら、こいでました。

たまたま、その当時、VR(Virtual Reality )のOcculus GoをいうVR端末を紹介されたので、VRをつけながら、VRダイエットという形で、運動していたので、いつも、「宇宙空間をこいでいる」、、そんな気分で、あきがこなかったです。

https://vr-room.jp/fitness/

これはプロ向けですね。

私の場合は、

https://www.oculus.com/experiences/rift/1477883658957255/

これで、十分、ストレス解消できました。

花粉症の時期が終わり、ようやく、ゆっくり過去をふりかえり、やっぱり 長かった「停滞期」は、苦しかったことを、思い出しました。

同じ思いの方々も多いかと思います。

もし、「停滞期」になってしまった方には、ぜひ、ご参考になれば、と思います。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食