• clinic94

世界初! 脂肪細胞を燃やすペプチド

ADA(米国糖尿病学会)6月13日、日曜日の発表です。 P−1932

A Novel Antiobesity Peptide Secreted from Brown Adipocytes

褐色脂肪細胞は、エネルギーを消費する細胞として、痩せるためには重要な細胞とされてきました。昨年は、褐色脂肪細胞を増やすための薬や治療法が、昨年、この学会で発表されましたが、今年は、褐色脂肪細胞から分泌されているペプチドがあり、その物質が、ミトコンドリアの数を増やし、エネルギー発散を増やし、結局は、体重減少につながる。という新しいペプチドが報告されました。

おそらく、このペプチドを注射すれば、いつでもミトコンドリアからエネルギーを消費できます。動かなくても、運動しなくても、身体からエネルギーが出て行ってくれるわけです。

そうなれば、本当に「楽痩せ」は可能でしょう。

GLP1で、食欲を低下させる。Inputを減らす。 褐色脂肪から分泌される新ペプチドで、ミトコンドリア量を増やし、消費エネルギーが増えて、Output が増える。

こういう薬ができれば、コロナで運動不足になっても、太らない事ができることでしょう。コロナ太りで、困っている方が多い、こうした日常に期待がもてる話なので、皆さんにシェアしたいと思います。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食