• clinic94

お相撲さんが訪問するクリニック

どういうわけか、相撲業界に、私の噂が広まっているらしく、お相撲さんが、毎週のように訪問されます。みんな希望は体重を増やして、強くさせてほしい、もちろん、血糖コントロールをしつつ、ということなので、まるで、GLP1ダイエット外来とは、真逆な理由です。

ですが、そういう、お相撲さんにも、GLP1治療は行います。そこが美容外科クリニックとは、180度、違うところです。

GLP1濃度は、さほど高くしません。だから、サクセンダなどは処方しません。ある薬をもって、サクセンダを用いた時の、4分の1くらいのGLP1濃度を維持させます。そうすると、少量のGLP1は、膵臓からのインスリン分泌を高め、太りやすい体質を作ります。 GLP1を追加することで、太りやすい体質を作れるというわけです。

その理由は、お相撲さんの膵臓は、通常、普通の人より、はるかに元気で、自力で膵臓からインスリンを分泌する能力が高いからです。

ということで、GLP1は、相手を選び、濃度調節を上手に利用すれば、痩せる注射ではなく、太って強くするための処方、という形に変えることもできるのです。

GLP1をいれれば、痩せる。

そう単純に指導されておられている方は、このブログを、よく読んで、そういう誤解はといておいてください。

(PS.  美容系クリニックにある記載は、かなり誤った内容が多いものです。薬も国際承認薬と謳っておきながら、大手美容系チェーンクリニックでさへ、トルリシティを薦めているクリニックもでてきています。ビクトーザやサクセンダの0.6mgで痩せると謳っている、大手美容系クリニックグループもあります。どうして、国際標準の治療を美容系クリニックでは行わないのか、それが内科の医師には理解ができません。)


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食