• clinic94

なぜGLP1受容体作動薬は経口薬ではなく、注射製剤なのか?

糖尿病療養指導士ナースKです。 今回はGLP1受容体作動薬が、なぜ注射製剤なのか、お話しします。

当院のGLP1ダイエット外来ではビクトーザ・サクセンダ(以下リラグルチド)を処方しています。 ビクトーザは糖尿病治療の注射製剤として世界中で使用され、インスリンと混同してしまう人が多いのも現実ですが、全く違うものです。血糖値が高くなり始めたら、自らの膵臓にインスリン分泌を働きかけて、血糖値の上昇を抑えます。食欲中枢も抑え、結果的に体重減少効果も確認されています。

内服薬だったらどんなにか楽なのに・・・と思っている方も多いでしょう。 しかし、リラグルチドは分子量が大きく、内服では腸管内で消化され、アミノ酸に分解されて吸収されますから、薬としての構造は消えてしまうのです。 つまり、GLP1受容体作動薬としての構造を維持しながら体内に入れようとすれば、現時点では注射しか方法がないのです。

実は、GLP1受容体作動薬を経口投与するための研究が、着実に進んでいます。遠くない未来に、きっと発売されるでしょう。 しかし、発売されたとしても、カロリーコントロールと運動療法を続けなくては、体重減少は難しいので、お忘れなく・・・


最新記事

すべて表示

スライディングボードエクササイズ

180cm 230cm 2サイズがあります。 通常は、180cmで、十分だと思います。 230cmができる人が身長が高い人、体格が大きい人、アスリートを目ざす人だけのようです。 シューズカバーが、ありますが、あえて、靴をはかないで、素足でも、できます。 持ち運びやすい 場所をとる時だけとるけど、しまいやすい、です。 外来の患者さんたちに、コロナ禍で、御薦めできるツールのひとつです。

GLP1効果が継続している時の、秋の心境とは

食べる気がしない。 食べなくてはいけない、というきにはならない。 でも、食べ始めると食べてしまう。 結構、入る。食べちゃう。 以前と同じ量は食べられてしまう。 お腹いっぱいには、なったという感じには、ならないが、満足感はある。 ちょっとだけ食べてもいいかな、という感じ。 でも、これだと食べてしまう。 ここで、食事の回数を減らそうと思った人はやせることができる。 回数を減らさなければ、痩せない。 G

インナーマッスルは、ダイエット向きではない!

肩や腰がいたくて、インナーマッスル治療をうける方たちがいます。 電気で、筋肉を強制的に振動させるのですから、その筋肉周囲の血流はよくなり、気持ちがよくなることもあるかもしれません。 確かに、インナーマッスルの治療をうけた後、 インナーマッスルの器具を購入し、自宅で治療をした後、 腰痛が軽くなった、などという患者さんは存在します。 ですが、「筋肉が振動しただけ」では、ダイエット効果になるはずがありま