• clinic94

ジャーナリストは英文原著は読まないの?

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1106599

(上記の記事から引用)

糖尿病治療薬を使った「GLP1ダイエット」と呼ばれる減量方法に関し、日本医師会は6月17日、下痢などの副作用が出る恐れがあるとして、安易に利用しないよう注意を呼び掛けた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最近、検索すると、よく目にします。ですが、内容が、あまりにも(??)。

なぜかというと、GLP1ダイエットで、下痢をすることはありますが、通常は、便秘のほうが問題だからです。なのに、下痢などの副作用、という表現は、玄人記者が書いた記事とは思えません。

映画やTVドラマで、ジャーナリストは「裏をとる」と言いますが、こうやってメディアまでが勉強しないで誤った情報を拡散してしまうと、迷惑するのは、一般消費者です。プロの立場から、この記事の表現は誤っていると言えます。そして、そのポイントは、

下痢などの副作用が出る恐れがあるとして、安易に利用しないよう注意を呼び掛けた。

という文言です。なぜ、そこまで強調するかというと、当院では、「便秘」の頻度が多いので、あえて「膵リパーゼ阻害剤」である「オルリスタット」の併用をお勧めしているからです。この併用によって、頻度の高い便秘を解消する手段(臨床術)としてお薦めしています。

つまり、下痢の頻度は便秘の頻度より、はるかに低いのです。ですから、この記事の表現は、間違いです。下痢と便秘は真逆の事象なのですから。

こうした内容は、NICE(National Institute for Health and Care Excellence)という論文に、しっかりと記載されています。

以下にタイトルを示しますので、ぜひ、お読みください。2017年、つまり3年前の論文で、世界中で読まれているサクセンダの教科書です。


最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食