• clinic94

未承認と未申請は異なる意義と知っておいてください。

日本では、肥満人口が少ないために、ノボノルディスク社は、日本では、サクセンダの承認申請をしなかったようです。

未申請は、かなり、政治的な要素、経済的な要素、費用対効果、など、様々な角度からの検討が必要になります。

先に申請をした、膵リパーゼ阻害剤の「オブリーン」も、申請して、ほぼ、全てのデータがそろっていても、承認されなく、武田薬品は、販売を断念しました。

肥満、は自己責任、と考える風潮が、厚労省や医師会には、根強いのでしょうか?????です。(昨今の日本医師会の発言をみると、そう思えてしかたがありません。)

そういう余波もあったのでしょうか? 同じタイミングだったので、ノボノルディスク社は、「申請」を断念したのではないか、と推測します。 実際、治験を行い、第3相、臨床試験を終えるまでには、数百億円以上の費用がかかるとされています。それが、すぐに回収できる見込みがなければ、製薬メーカーは、あえて、申請しません。だから、サクセンダは、申請されなかったのではないか、、と、思っています。

サクセンダ、を、「未承認薬剤」と呼ぶのではなく、「未申請薬剤」、と、そう呼んでいいかどうか、は、今度、また、ノボ社の社長にあえたら、まっさきに質問してみようと思います。

最新記事

すべて表示

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|

NASHとは

NASHとは、、これを知らないと抗肥満治療が語れないかもしれません。 以下のサイトから引用しますが、ポイントは2点です。 1.予後は良好である事が多いので、たいした問題とは考えられていない。 2.治療法はない。特に、グルカゴンなどの効果も証明されていない。 従って、予後が悪いとされる「原因」さへ見つかれば、GLP1を使って押さえ込まなくても、心配ない病態です。サクセンダで十分だと思いま