• clinic94

体重は急激に減らして、それを維持した方が楽である?

「 まちがいだらけのダイエット」の 連載

あるダイエット本では、1日800kcalの食事で4週間で8kgやせられると解説されています。食べられないつらさは1日1600kcalでも1日800kcalでも同じだから、減食期間を短くし、早くやせようというものです。

ほとんどまちがい 体重の減らし方を大別すれば、 ① 急激に減らしてそれを維持する方法 ② 徐々に減らしていく方法  の二つです。とにかく体重を減らそうというなら①の方が短期間で減らせますが、維持するのは大変困難です。また、健康的にやせるという点からは、①は問題があります。つまり結果的には、②の方が成功率が高いのです。 また、「減量のつらさは1日1600kcalでも1日800kcalでも同じ」と先の本では述べられていますが、本当でしょうか?それぞれのメニュー例を示しますから、参考に考えてみてください。  仮につらさは同じだとしても、体に与える影響は大きく違います。生理学的に見ても、1か月で3~4kgが限界でしょう。 また、急激に減らした場合のほうが、短時間のうちに元の体重かそれ以上にもどってしまう「リバウンド」が起こりやすくなります。

出典 まちがいだらけのダイエット 鈴木吉彦 著 (株) 保健同人社 発行

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食