• clinic94

なぜ、高額なGLP1ダイエットを薦めるのか?

ある美容外科系クリニックの料金体系です。

2ヶ月コースで、298000円と、飛んでもない高い金額設定になっています。 ですが、受診をされた方の話では、ビクトーザを数本、渡されるだけ、と聞いています。 実際に何本かは知りません。

私たちのように、その薬を、2ヶ月コースなら7本というように、しっかりとした明記がありません。私たちなら、初診であれば、ビクトーザ3本プラスサクセンダ4本です。

しかし、この美容外科系クリニックの料金であれば、まず、2ヶ月コースで、7本ということはないようです。駆け込み寺のように、当院に来院されて、散々な目にあった女性受診者の方から、そう聞きました。

こうした「美容外科クリニック」の、「痩せないダイエット」というより、「痩せたいなら、お金を沢山、払いなさいダイエット」が、今後も正規の医療サービス事業として、長続きするとは、内科医の私には、到底、思えません。

●●コースという表記だけで、どの薬を、何本、処方してくれるかを、サイトに明記していないダイエットについては、広告が、どんどんでていますが、ほとんどが、「痩せないダイエット法」にして、「痩せたければ、処方量を増やしますから、お金を余計に支払ってください。」という「商法」のようです。

日本医師会から、注意喚起がでても、以前、変わらない美容整形外科クリニックの体質には、驚くしかありません。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食