• clinic94

便秘には、普通に「オルリスタット」を処方します。

一般名:オルリスタット(商品名:オルリファスト、ゼニカル) に対して、既に、服用されて、悪い印象をおもちの方も、おられるようですが、 国際的ガイドラインでは、GLP1ダイエットの併用薬剤としては、 普通に「オルリファスト」あるいは「ゼニカル」が推奨されています。

ビクトーザ、他、GLP-1受容体作動薬を注射すると、食欲が低下し、摂取される食物量が減ります。当然、暴飲暴食のかたが、GLP-1受容体作動薬を注射すれば、 便秘になりがちになります。

その時に、「オルリファスト」あるいは「ゼニカル」であれば、やや脂肪便にしてくれて、エネルギーを体外に排除してくれるので、相乗効果が期待できるわけです。便秘の解消にもつながります。

かつ、GLP-1受容体作動薬を注射していると、油の摂取量が減ります。 たべすぎると、胃のむかつきが起こってくるからです。 ですから、「オルリファスト」あるいは「ゼニカル」の副作用である脂肪便の頻度や量も、さほど、ひどいものではなくなるはずなのです。便秘を解消し、普通に軟便効果があり、体重減少をキープしてくれる良薬であると、考えております。

トイレの掃除だけが、ちょっと大変になるくらい、、です。

世界中では、このコンセプトは、臨床家では、当然の組み合わせで 臨床医としての、Tipsとして定着しているので、「ガイドライン」には、「オルリファスト」あるいは「ゼニカル」との併用をお勧めしているのだと考えています。

一般の美容外科系クリニックでは、1カプセル400円だそうです。それは、めちゃくちゃ、高すぎます。なので、私たちとしては、あくまでGLP1ダイエットによる、「便秘」を抑えるための補助薬品として、かなり、良心的な価格で、維持できてきていると考えております。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食